私が行った脂肪注入の豊胸施術

脂肪注入で行う豊胸のメリット

培養幹細胞と呼ばれるものは採取した脂肪に含まれている肝細胞を抽出した上で培養します。
これを同じようにコンデンスリッチなどに用いる脂肪に混ぜて注入することになります。
このような特徴があることがわかりましたが、脂肪注入の方法にはメリットもあればデメリットがあるのが実情です。
メリットにあげられることとしては、仕上がりが自然なことが挙げられます。
生きた脂肪細胞を注入することから、暖かくて柔らかい本物のバストと変わらない仕上がりが期待できるのです。
横になった時にも自然な流れがあるため、見た目や手触りにも違和感を感じることはありません。
また一度定着すれば組織の一部となるので効果が長持ちします。
シリコンバッグのような定期的な再手術もいらないことは大きなメリットです。
さらには痩身効果も得られることが嬉しいポイントと言えるでしょう。
適した脂肪はお腹や太ももであり、バストアップだけではな気になる部位を細くすることが可能です。
また乳がん検診にも支障がなく、検査が受けられないというストレスに悩まされることもないでしょう。

授乳後の胸にショックまだ30代なのに / 脂肪注入で行う豊胸のメリット / 脂肪注入で行う豊胸のデメリット